いわゆる「SNS疲れ」と呼ばれる現象からか、Twitterから一定期間離れることがあります。そんな時、このカテゴリ内で記事が動きます。たぶん、私なりの避難場所だと思います。