居室の初期化、いや最適化の途中。

写真なんて…撮るには撮るけど、決して皆さんに見せる訳にはいきません。墓場かゴミ箱まで持っていきますよ。

最近、使わなくなったガラクタや、現在の暮らしに合わなくなった家具等を処分し始めています。遅刻してしまった大掃除の後払いというか、身の回りの整理というか。

身辺整理は何も、終活の為ばかりにある訳ではないのです。何がどうして物質が堆積し、私達の現在の生活を圧迫してしまうのか(きっと引越の荷造りでもしないと持ち物の棚卸し的行動をする日なんていつまでも来ないんだ)。そのメカニズムには多少心当たりがあるものの、真正面から向き合えるほど私は強くないので、取り急ぎ傾向分析をすっ飛ばし対策を打ち出そうというのが本件の魂胆です。

転勤族のもとに生まれ、東北地方の各地を移ろいがちに育った私が、5年以上同じ土地に暮らすのは、たかだか2度目の経験で、おそらく15,6年ぶりです。…いいやどれほど言い訳をしたところで現状は変わらず目の前に。

混沌たる集合体から「大切な物」と「処分すべき物」とを見極め、仕分けなくてはなりません。
今回の状況下では、家財の移動には何かと頭を使います。引越業者が長距離を移動するにあたりトラックの中で預かってくれる「時空的な空白というか猶予(?)」が一切無いのですから。

…ちょっと想定外にシンドイです。でも、今よりもずっと良い暮らしを信じて頑張ります。


よいよい よい?