うすらぼんやり新曲のご案内、本年末までの予定、私がいま書いておきたいことすべて

告知その1 新曲動画ができました!

「シアン化タルトタタンの歌」

関連投稿

【ニコニコ動画】【ギャラ子】シアン化タルトタタンの歌【withぐみみくオリジナル曲】
【ピアプロ】曲:私画:私作詞:アマツシノヴさん
【Pixiv】「Cyanide」/「笹の船みゝ子」のイラスト [pixiv]

着想の泉(オマージュ元作品のご案内)

個人的にはほぼ恒例オマージュ元紹介!今回ご紹介するのはジョセフ・コスマ作曲の「Autumn Leaves(邦題では『枯葉』)」です。本作では間奏の中で「あのお馴染みのフレーズ」を再現しています。三拍子のリズムの中でも違和感なく収まってくれたことに、私は妙に感動してしまいました。

あのクラプトンも唄った(もーめっちゃ好き)。

この曲のオリジナルが著されたのは1940年台。原題はフランス語で「Les Feuilles mortes」という題でした。私には読めません。その歌詞は詩人のジャック・プレヴェールによって著されました。完成したその歌曲は、マルセル・カルネ監督による「夜の門(仏題『Les Portes de la Nuit』)」という映画の劇伴でもありました。しかし当初の反響はそれほどでもなく、1949年・米ロサンゼルスの大手レコードレーベル「キャピトル・レコード」のジョニー・マーサーによる英訳を経て感傷マシマシ、見事に返り咲いた模様。なるほど、曲の良さこそがパワーなのね

今日ではいわゆる「スタンダード・ナンバー」のひとつと言えましょう。甘ったるく重だるいピアノ演奏味比べをするもよし、モード系ジャズアレンジメントお洒落バトルを視聴覚的に観戦するもよし、何でもござれ的いい感じに古された名曲というわけなのです。

日本のアーティストで現代っ子にも通用する人を挙げるなら…そうだ、椎名林檎さんも唄っていました。フランス語、つまり原詩での歌唱、それは彼女にホクロがあった頃の話。「唄ひ手冥利〜其の壱〜」の森パクトディスクに収録されています。合法的に鑑賞&応援しましょうね。

現在に至るまで、さらにもうしばらく、もっと多くのシンガー達によって歌い継がれていくことでしょう…ってこんなこと、わざわざ私が説明する必要なんてないのかも知れないけれど、私自身が書きたくて書きたくて仕方がないのでした。きっと後悔はない。(本当に沢山のアレンジが存在します。「枯葉 この曲の別バージョン」で検索よ!)

ちなみにまったくの蛇足ですが、私はインスト派かも知れません。ウラジーミル・シャフラノフ・トリオの名盤「LIVE AT GROOVY」に収録されている「Autumn Leaves」がこれまた絶品でして、誰かにそっと教えてあげたい今日この頃なのです。

告知その2 開発進行中!増版模索中!

丹精した一枚原画を演出する動画制作研究

私が「ミミコP」というP名を頂戴してから約10年が経ちました。デビューして間もない頃は「きれいなアイキャッチ画像」と「歌詞やクレジット表記のテロップ」が入っているだけのシンプルな動画ばかり。あの頃のひたむきな気迫すら感じる手作り感と、端々ににじみ出るアマチュア感ある動画群が好きでした。近年は多少凝ったアニメーションが好かれているのでしょうか。でも、ジャンル全体を見渡してみる限り、そこまで高い水準の動画制作スキルを持つ人はとても少ないように感じます。そして私自身にも、そんな仲間や伝はありません(私ってどうにも孤独が似合う女なんですね)。

私は改めて考え始めました。大好きだった「一枚絵による動画」を継承しつつ、動画らしい動画を作ってみよう、という感じのことを。「シアン化タルトタタンの歌」の動画は、そんなちょっとした試みの第1案です(一人あたりの工数としては「ちょっとしたもん」とは言いにくいですが)。いかがだったでしょうか?私はしばらく、こんな感じでイラストや動画にも力を注いでみようと思います。

「笹の船を探さないで その1」増産にともなう仕様変更のお知らせ

今年の5月末にリリースしたミニアルバムのセールスは、世間的に見れば大した数字なんかではないのですが、自分で思っていたよりはずっと好調のように思います。そう遠くない未来、取り扱って頂く店舗を広げる予定です。それに関連して、次版以降の印刷加工の仕様を切り替えます。

というのも、実は…初回盤の後ろに入っているバーコードが小さすぎて、リーダー機器によっては正しく読み取れないおそれがあるのです。完全に私のミスです(デザインもセルフで行ないました)。誠に心苦しいことですが、次版以降は乱反射を防ぐため、きらきら光る「PP加工」を廃止します。また、原稿の一部を修正(新ロットからはバーコードのサイズが少しだけ大きくなります)、PP加工とは異なる光り方をする「特殊紙への印刷」に切り替える方針です。今後は少し上品な光り方をするジャケットになると思います。なお、ジャケットの絵柄や収録内容、盤面および歌詞カードのデザインに変更はありません。いつかどこかでお会いしましょう。あまりがんばって探さないでください(?)

告知その3 イベントに出展します!

2018年11月17日(土)オンラインイベント「APOLLO 09」(初参加・旧譜DL版取扱開始)

【公式サイトはこちら】
ごめんなさい!勢いで参加表明してしまいましたが、新譜の用意は特にありません。主にいちげんさんにアピールするのが本件最大目的なのだと思います。よろしくお願いいたします!

2018年11月24日(土)大阪「daydream vol.11」(グッズ共同開発)

【公式サイトはこちら】
へちこさん主宰のサークル「フィルシー・リトル・クリープス」の出展です。笹の船式筆致でへちこさんのキャラクターを2D化する試み。アクリルキーホルダーを2種ほどデザインさせて頂いています。本稿執筆時点で私自身の参加の予定はないと思いますが、ご興味の方はぜひお立ち寄りください。

2018年12月02日(日)大阪「音けっとin大阪なんば」(旧譜のみ)

【公式サイトはこちら】
サークル「へちこ&みゝ子」として参加します。何の変哲もなく売り子を務める予定です。私からご用意できるのは旧譜とノベルティくらいのものですが、へちこさんのベスト盤が出ているはずです。こちらも併せてチェックして頂けるとうれしいです。

笹の船みゝ子、うすらぼんやりと2018年11月の目標表明

  1. そろそろバイトでも構わないから仕事をですね…
  2. アクリルキーホルダー(ノルマ2種)のお原稿〆切が来週中に迫っています。急がなきゃ。
  3. 減量ってどうなったんでしょうね?むしろ増えちゃいましたね

色々まずいです。
がんばります…

フォロー頂けたらうれしいです!

コメントを残す