ベージュ、グレー、グレージュ、ベージュ。

「うっすらとファンデをはたいて眉をひき、アイシャドーと口紅を差す程度」。
一口に薄化粧と言っても幅の広いものだけれど、私はそんな感じで済ませるようになって久しい。

もはや、いつからかは忘れた。とにかく私は「歳も歳なのでスッピンもキツかろう」と考えるようになっていた。見目からして好ましくないというのもあるけれど、皮膚機能的にも心配なところがちらほらとあった。目下、日除けも兼ねての薄化粧を励行するに至る。
続きを読む

3 よいよい

うすらぼんやりサマーシーズンを感じつつ、私は動かない。

ステータス

私自身は着実に老け込んでいるというのに、どこかの時間が止まってしまった。ワードローブが動かない。それがどういう事かっていうと、数点のTシャツを淡々と着回すローテーションが無駄に続いているという事だ。 続きを読む

2 よいよい

うすらぼんやり「山形県大石田町メガソーラー計画」の問題を見つめて。

祖国(?)山形県山形市を離れて数年経つ。適時、適当に情報を仕入れてきたつもりではあるが、やはり「粗」があったり「穴」があったりで散々である。尚、テレビは観ない。現地の知人のブログであったり、コミュニティ放送「ラジオモンスター」のサイマルをかけ流してみたりする程度におさまっているのが現状だ。あと、親戚からの電話とか。こう見えて、郷里を一切何とも思わないという訳ではないのだ。そこは疑わないでほしい。

さて、Twitterのタイムラインで、こんなツイートを見かけたので追ってみたい。
続きを読む

6 よいよい

33日後、私は30歳。

抱負というには地味なものかも知れないけれど、この先も過剰な幸せからは距離を置いて、大人しく生きていたい。1946年、メル・トーメとロバート・ウェルズの共作の一つに「Born to be blue」という曲がある。映画にもなったね。演奏家サイドの話だったように思うけど。でもね、あの歌詞だよ。あの感じがいい。色とりどり、目まぐるしく加速していく世界の水底で、誰かの撮り損じた青写真みたいにボゲェーっとしていたい。
続きを読む

8 よいよい

謎の疲労感、まるで鉛の脳と運動器

多分、忙しい事自体は決して悪いものではないのだと思います。
儲かる儲かる、けれどその分、創造性が枯れてしまわないか恐れます。
「生産型ヲタ(?)」というセルフイメージから離れてしまわないか、そんな心配にも囚われます。

毎日ヘトヘトになって帰ってくる私の選択にも問題があると思います。
力の注ぎ方というか、時間の配分というか、そういったもの。
私は明らかにやりくりに失敗している…かも知れません。

目下、進捗がおしてきている癖、ろくに動けずにいる私は焦るばかり。
作業はほとんど手つかずのまま、制作は遅々として進みません。

思えば元から全く要領の良いものではありませんでした。
山積したタスクを捌くのに、以前はどこから手を着けたのか、思い出せません。
更に言えば元からタフでもありませんでした。それでも休めばすぐに疲れは取れたのに。
以前の私に何があったでしょう、単純な若さ以外に。

「疲れない身体がほしい」と検索した事があります。
早起きしろだとか、栄養補給にスムージーを作って飲めだとか、
糖質を控えろだとか、自炊をしろだ、運動不足だから動け…などと申します。

それら、答えのどれもがエネルギッシュ過ぎる余りたじろいでしまうのは、きっと私だけではない筈です。

きっと。

え、私だけ? 本当にそういうものなのかしら…

5 よいよい