追伸、試行錯誤の隙間で

週末によしなしごとを三本立てで書き連ねても、後から読み直すのに相当不便なばかりで自己満足以外の充実など得られない―――という事実に気付いてしまいました。「もう続けられないや!やーめたやめた!」なんてヤケみたいな言葉が喉からでそうなところを呑み込んで振り返っています。

このところ、どうにか習慣化させたい日記的な記事を読み返してみると情報量はばらばらで密度もまとまりもいまひとつ、タクソノミーの分類も曖昧になってしまっていて、無理矢理書いて飛ばしたラクガキみたい。乱暴に言ってしまえば、割とゴチャゴチャで、自分の視点から見ても結構と見苦しい。

ライフログって、中身のある人が書けば実のある何かになるんだろうなあ。
いつも同じ事を繰り返している人の日記なんて、変わり映えしないのも今ならわかるなあ。

しかし、試してみてようやくわかった事なので、その点は良かったと思っています。毎週決まりきった定型でつまらんものを書くより、好きなペースで気付いた事を書いていったほうが余程良いのかも知れません。

それから、もう少し整理整頓はしておきたいと思いました。書いた文章を整然と並べて置いておくなら「1記事1話題」、これに尽きますね。ブログって、本来はそういうものでしたものね。

どうせしょうもない事を書いていくなら、せめて純度は高く保持したい。ここ暫くのライフログ熱を振り返り、思っただけの事ですが、もう暫く迷走しつつ、週末日誌は経過観察の名のもとに続行してみます。

1 よい