覚書:ゆで卵とえびアボカドの小さなグラタン風

昨日、特売でアボカドを1個78円で手に入れました。これ、私が住む町ではほぼ底値です。今日は夕餉に作った一品のレシピを記録します。


用具
  • オーブン…オーブンレンジでもトースターでも可
  • 小さいボウルまたはどんぶり2つ
  • まな板&包丁
  • 箸とスプーン…またはフォーク1本

材料

アボカド1個を基準とします。

  • アボカド…1個
  • 卵…4個
  • 玉葱…1/4個、無くても大丈夫。
  • えび…冷凍の小えびなら10〜15尾程度、目測の体積で40〜50cc程度。
  • チーズ…粉チーズでもピザ用でも。適量というか好きなだけ。
  • マヨネーズ…大匙1杯〜適量。
  • 塩、胡椒、他スパイス…適量、パプリカ、レッドチリ、パセリが合います。

作り方
  1. 卵を固く茹でます。殻の剥きやすさが断然違うので、なるべく消費期限ギリギリ〜3日程度過ぎたくらいのものを推奨します。
  2. 茹で過ぎの心配はまずないのでゆっくり具材を切ります。えびが冷凍の場合は料理酒を加えた水かぬるま湯に浸し、解凍できたら水気を拭き取ります。玉葱はみじん切り、アボカドとえびは約1cmが目安です(ヒント:アボカドは非加熱の刻み玉葱に接する事で変色を防ぐ事が出来ます)。
  3. ゆで卵は手で握れる温度まで粗熱を取り、殻をむきます。カップの底になる白身の両端を1〜2mm程度切ったあと、2つに分けます。黄身は取り出します。
  4. 切れ端と黄身を2に合わせ、マヨネーズを加えてよく混ぜ合わせます。具が崩れてもキニシナイ!ここで塩を2つまみ加えると良いでしょう。
  5. ここでオーブンを予熱します(温度が設定出来る場合は200℃)。白身のカップをペーパーを敷いた天板に並べ、その中に4を詰めます。窪みをはみ出しても大丈夫です。山盛りにします。余りが出たらお弁当用のペーパーorアルミカップにも盛り付けて一緒に焼くと良いでしょう。
  6. 塩胡椒、適当なチーズやスパイスを振ったらオーブンに入れ、焼き目がつき香ばしいにおいがするまで焼きます。加熱時間は機種により加減してください。我が家ではオーブントースターで10分ほどでした。

調理に要する時間は約40分、ゆで卵を主役級に格上げ出来そうな可能性をそこはかとなく感じました。


しかし今日の実食は散々でした。

何せ塩味が足らなかったもので大して美味しくもなかったのですが、見た目と食感にはちょっとした感動を覚えたのも事実です。間違いなく味付け次第で美味しくなる筈です。今日は肉野菜炒めと白飯と…何て寂しい食卓、反省。しかしめげないぞ、 リベンジだ!

4 よいよい